top of page
検索
  • Tomofumi Ueji

新型コロナウィルス健康相談ダイヤル 期間延長(~7月31日迄)



4月6日から開設された「新型コロナウィルス健康相談ダイヤル」ですが、

4月中は毎週200件を超える相談を受け付けてきました。


5月に入って少し落ち着いてきましたが、それでも一定数の相談が寄せられています。


緊急事態宣言は解除の方向に向かっていますが、今後、第二波の懸念もあります。

そういった状況を受けて、当初6月30日までとしていた開設期間を1ヶ月延長して、7月31日までとします。


納税協会のホームページへの掲載も行っていますが、掲載内容も変更しました。

納税協会会員の皆さんの「健康維持」に少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

《新聞紙面より》静岡県内「事業継続策定の意向」 コロナで危機感

帝国データバンク静岡支店の調査によると、静岡県内企業で事業継続計画(BCP)を策定する意向のある企業は過去最高の56%になった。2019年の台風と豪雨被害に加え、新型コロナウイルスの感染拡大が、企業の危機意識を高めた。感染症をリスクとして想定する企業も急増した。 策定状況を聞いたところ「策定している」と答えたのは19%で、前年から微減となった。一方「現在、策定中」「策定を検討している」を合わせると

《新聞紙面より》三菱自社員が過労自殺、精神障害発病で労災認定

三菱自動車の男性社員(当時47)が昨年2月に自殺したのは、過重労働により精神障害を発病したのが原因として、三田労働基準監督署(東京)が労災認定したことが18日までに分かった。遺族側代理人の川人博弁護士が明らかにした。発病前1カ月の時間外労働は約140時間だった。認定は今年5月28日付。 川人弁護士らによると、男性は1993年に入社。2018年から担当した新車の企画立案の業務で多忙となり、うつ病など

【判例集】退職強要(マタニティ・ハラスメント)で慰謝料を認定~東京地裁H29.12判決~

Xが雇用主であるYに対し、労働契約上の権利を有する地位の確認に加え、毎月の賃金及びこれに代わる育児休業給付金相当額の損害賠償金、賞与、慰謝料及び弁護士費用を求めた事案。 <争点①「退職の意思表示」> XとY理事長とのLINEでのやり取り。 LINEでのやり取りを口頭や電話での延長として捉え、その性質上、存在や内容、意味、趣旨が多義的・曖昧になりがち。本件、Y理事長が一方的に解釈を歪め、Xの退職の意

댓글


bottom of page