top of page
検索
  • Tomofumi Ueji

事業継続上考えられるリスク

緊急事態宣言が発令され1カ月以上経ちました。自粛の成果も少しづつみられ、今後はコロナと共存した経済再開のステージへと移行していくことでしょう。 ユニオンにもコロナ関連の労働相談が急増しています。清水建設ではコロナ感染で死亡者が出て現場が止まってしまう事態に発展しました。コロナ感染でも労災認定されますし(=国が業務との関連性を認める)、使用者(会社側)にも損害賠償責任が発生します。 さて、今回は事業継続上考えられるリスクについての情報提供をさせていただきます。

【Q1】:従業員が勤務中にコロナ感染した場合の企業責任はどのようなものか。

【A1】:使用者(会社側)には、労働者が安全に労務を提供できるための事業所の環境構築の義務が課せられています。これを安全配慮義務といいます。安全な労働環境が不完全な状態で従業員が労災(コロナ感染含む)被害者になれば、安全配慮義務違反として損害賠償(休損、逸失利益、慰謝料等)を負う可能性があります。


【Q2】:安全で安心して働ける事業所の環境構築はどのようにしたらよいか。  

【A2】:下記対策です。(ご参考まで)   (1)ルール明確化     1.体調不良者の自宅待機     2.休暇取得のルール明確化     3.コロナ発症の報告を義務化   (2)予防対策     1.通勤時の予防対策       ・満員電車から車通勤へ       ・満員電車を避けた時差出勤     2.社内勤務時の予防対策       ・体温計測・マスク・手洗い・除菌の徹底       ・テレワーク導入       ・2m以上の間隔保持および換気の実施   (3)外部からの感染対策     1.来訪者対策       ・電話や郵送、WEB会議などの活用       ・来訪者の検温検査、マスク・除菌の徹底     2.出張対策       ・感染者の多い海外エリアへの出張の回避



  ↓こんなシーン、懐かしい・・・

↓だけど絶対緩め過ぎずいきましょう!!今までの努力を無駄にしないように・・・   


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

《新聞紙面より》静岡県内「事業継続策定の意向」 コロナで危機感

帝国データバンク静岡支店の調査によると、静岡県内企業で事業継続計画(BCP)を策定する意向のある企業は過去最高の56%になった。2019年の台風と豪雨被害に加え、新型コロナウイルスの感染拡大が、企業の危機意識を高めた。感染症をリスクとして想定する企業も急増した。 策定状況を聞いたところ「策定している」と答えたのは19%で、前年から微減となった。一方「現在、策定中」「策定を検討している」を合わせると

《新聞紙面より》三菱自社員が過労自殺、精神障害発病で労災認定

三菱自動車の男性社員(当時47)が昨年2月に自殺したのは、過重労働により精神障害を発病したのが原因として、三田労働基準監督署(東京)が労災認定したことが18日までに分かった。遺族側代理人の川人博弁護士が明らかにした。発病前1カ月の時間外労働は約140時間だった。認定は今年5月28日付。 川人弁護士らによると、男性は1993年に入社。2018年から担当した新車の企画立案の業務で多忙となり、うつ病など

【判例集】退職強要(マタニティ・ハラスメント)で慰謝料を認定~東京地裁H29.12判決~

Xが雇用主であるYに対し、労働契約上の権利を有する地位の確認に加え、毎月の賃金及びこれに代わる育児休業給付金相当額の損害賠償金、賞与、慰謝料及び弁護士費用を求めた事案。 <争点①「退職の意思表示」> XとY理事長とのLINEでのやり取り。 LINEでのやり取りを口頭や電話での延長として捉え、その性質上、存在や内容、意味、趣旨が多義的・曖昧になりがち。本件、Y理事長が一方的に解釈を歪め、Xの退職の意

Comments


bottom of page